クリスマスのご案内!!

d0038372_1182097.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-12-04 11:04 | イベント

賀江姉の告別式

武尾 賀江姉が95歳で、11月13日召天されました。

78歳で夫を天国に見送り、大阪から娘たちに近いこちらに越してきて、
不思議な方法で中山教会に導かれました。

礼拝、祈祷会には殆ど休むことなく出席し、礼拝に来られなかった方々に週報を送るご奉仕を買って出たり、パソコンを覚えてからはスカイプで教会の姉妹と共に祈り、聖書の交読を毎朝楽しみながら続けていました。

月の第三火曜日は自宅を家庭集会に開放し、賛美と聖書の学びの後は和気藹々の親睦タイム!
それはそれはワクワクするような夕映えに輝く賀江さんの信仰生活でした。

4年前に体調を壊し入院してからてから、徐々に弱りいろいろなことが出来なくなりましたが、いつも感謝と微笑みを忘れない明るい賀江さんでした。

食べることが大好きで、「もう少し痩せなくっちゃねぇ~」が口癖でしたが、微熱が10日程続き、食欲も落ち、やがて高熱となり入院!!

それから2週間、3人の娘たちの介護も甲斐なく、8人の孫、11人のひ孫達との手を握り合っての別れも済ませ、多くの愛する人たちに見守られて、仲の良かった夫の待つ天国へと旅立っていきました。

とても寂しくなってしまいましたが、いつの日か天国にて再会出来ることを楽しみに、主と共に歩んでまいりたいと願っております。

皆さま、本当にありがとうございます。
                       (記 長女、衣子)



d0038372_9503311.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-11-24 22:33

子供祝福式

子供たちが主に守られてスクスクと元気に育ちますように!!

d0038372_11225431.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-11-24 11:14 | 幼児祝福式

d0038372_136918.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-10-12 01:36 | チャペルコンサート

敬老祝福礼拝 2017

今年の敬老祝福礼拝は、台風接近のため生憎の天候でしたが、
75歳以上の該当者26名中半数近くは礼拝の中で、を
神様からの祝福を受けることが出来ました。

和気藹々の敬老特別ランチタイムの後、記念写真と相成りました。

d0038372_12423019.jpg


◆サミュエルの書斎から◆
―100歳人からの“贈る言葉”9つー


9 Pieces of advice from 100-years-olds
d0038372_122959100.jpg

1. Avoid calendars. Just celebrate every day.
2. If you hate others keep it to yourself.
3. Stop comparing, you will never be happy with your own life.
4. Keep your head up and don’t give up.
5. Life is fun, just be satisfied you don’t have to be happy all the time.
6. Love, we are all just people.
7. Stay positive, negativity is poison, laughter is the best medicine.
8. Pain is strange, having fun is the best way to forget about it.
9. Don’t be crazed over material things, you can’t take them with you.
Live like there is no tomorrow! (Thinking Humanity)


1. 暦の日数など数えないことだ。ただ毎日を寿(ことほ)げば
  それでいい。
2. 誰かを憎らしく思っても、自分の中だけに留めおきなさい。
3. “比較の人生”などやめにしたまえ。
  それでは君自身の人生に、幸せなど金輪際 訪れまい。
4. いつも前を向いて歩み続けるんだ。
  下を向いたらそこで終わりだ。
5. 人生は楽しいものだから、ただ満ち足りていればいい。
  毎日が幸せであるべき理由など、どこにもない。
6. 愛するんだ。皆、ただの人間同士なんだから。
7. “肯定主義”を貫け。“否定主義”は毒、
  “笑い”が最高の長寿薬だよ。
8. “痛み”とは不思議なものだ。“楽しみ”を持つことが、
  それを忘れる最善の方法だ。
9. 物質的なものにうつつを抜かしてはいけない。
  一緒に持っていけはしないんだから。
~すべからく、“明日は来ないかのように”生きたまえ~
(訳 小川政弘)
[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-09-20 12:47 | 敬老会

3月教育講座のお知らせ


3月の教育講座

d0038372_3393724.jpg

d0038372_6184668.gif


日時:3月12日(日)午後
講師:原田憲夫師

「イースター集会」としてライフラインの番組収録が行われます。

 また、午前の礼拝でも原田憲夫先生がメッセージをして下さいます。


[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-03-01 10:37 | イベント

しばらくお休みしていた「Let's play」が始まりました!!!

子供たち!ふるって参加してくださ~~い!

d0038372_127437.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-02-27 02:40 | 英語で遊ぼう

22017年度年間計画

午後の教会総会で年間計画が決められました。

2017年度 年間事業計画

d0038372_2291042.jpg


教団・教区の主な行事予定

d0038372_2322973.jpg


女性会

d0038372_23569.jpg


ヨシュア会

d0038372_236447.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-02-19 16:24 | 祈りの課題

証し

第2週目は伝道礼拝
今月の証し者はYさん
d0038372_2202599.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-02-12 02:20 | 伝道礼拝

聖餐式

d0038372_2172293.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-02-05 17:13

祝・成人式


d0038372_251652.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-01-08 17:20

元旦礼拝

d0038372_4381265.jpg



 【年頭所感】
d0038372_0212975.png

2017年は宗教改革500周年の年です。

宗教改革は、マルティン・ルターが1517年10月31日にヴィッテンベルクの城教会の扉に九十五箇条の提題を打ち付けたことに端を発する総合的な改革運動です。

宗教改革といえば信仰義認論に注目が集まりますが、「聖書のみ」「信仰のみ」の強調、さらに万人祭司の考え方も重要です。

年間標語聖句は、ルターのコラール「神はわがやぐら」(新聖歌280番)のテクストである詩篇46篇の「万軍の主はわれらと共におられる」の部分と、

パウロによるピリピ人への手紙1:27の「あなたがたはキリストの福音にふさわしく生活しなさい」を選びました。

この一年も神に信頼しつつ、共にキリストの体なる教会を建て上げましょう。


                        河野 克也









【今週のみ言葉】
d0038372_20545436.gif



一つの川がある。その流れは神の都を喜ばせ、いと高き者の聖なるすまいを喜ばせる。
神がその中におられるので、都はゆるがない。神は朝はやく、これを助けられる。
                (詩編46:4-5)

    
[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-01-07 08:39

2016年クリスマス

午前の礼拝では「貧しい者への平和の告知」と題してルカ2:1~24からメッセージ。

d0038372_3561544.jpg

聖歌隊賛美

d0038372_3592533.jpg

玲さんが素晴らしい賛美をしてくださいました。
d0038372_4271982.jpg

午後からのクリスマス愛餐会も豊かな恵みと良き交わりの時となりました。
d0038372_452418.jpg


女性会からは今年も手話賛美‼ 



ヨシュア会(壮年会)からの劇はスライドを交え今年もなかなか見応えのあるものでした!

新宿中村屋の創業者 相馬愛蔵

相馬愛蔵と言えば、山崎製パンの創業者 飯島藤十郎氏が大きな影響を受けた方です。

彼は中村屋の創業者と言うだけで偉大なのではなく、創業者であると同時にクリスチャンとして、日本の文化にも多大な影響を与えた人物として偉大なのです。

17歳の頃、愛蔵は友人に誘われて、牛込市ケ谷の牛込教会へ行くようになりました。
そして洗礼を受けクリスチャンとなりました。

その後、札幌農学校で養蚕を学を学び、一時は北海道で養蚕(ようさん)を夢見るも断念し帰郷しました。

故郷の現安曇野市穂高で明治24年(1891年)に、蚕種製造を始め、『蚕種製造論』を著しました。

22歳の愛蔵は、明治24年12月20日に東穂高禁酒会を創立。最初は11人の出発でしたが、みるみるメンバーが増えていったといいます。また明治27年(1894年)、村に芸妓を置く計画に反対し、廃娼運動も行ないました。さらにはこの時代に、孤児院基金募集のため仙台へ出掛け、仙台藩士の娘でありクリスチャンの星良と知り合い1898年に結婚しました。

東京に出て来た愛蔵一家は、明治34年(1901年)東大赤門前のパン屋、本郷中村屋を買い取り、パンの製造を始めました。明治37年(1904年)には、日本で初めてクリームパンを発売しました。さらに明治40年(1907年)に新宿に移転した後、商売は大繁盛するにいたりました。さらに中村屋は日本で初めてインド式カレーライスを販売し、大人気となって行きました。

1915年にインドの独立運動家ラス・ビハリ・ボースがイギリス官憲に追われ日本に亡命して来ましたが、一時日本政府にも追われていた彼をかくまったのが愛蔵一家でした。そのほかにもロシアの無政府主義の盲人詩人のエロシェンコをかくまうなど、自分の身の安全を顧みずに人道的な立場に立って行動したのです。後にボースは相馬夫妻の長女と結婚。大正12年、日本国籍を取得しました。ボースの指導によって中村屋のインドカレーが誕生したのです。

d0038372_4244932.jpg

[PR]
# by nakayamakyokai | 2017-01-07 04:30 | イベント


d0038372_1341419.gif


d0038372_137647.jpg


d0038372_1341419.gif


教会に行くのは初めての方も大歓迎!!! どうぞいらしてください。

[PR]
# by nakayamakyokai | 2016-12-13 08:30 | イベント

2016年度 ルデヤ会(女性会)の活動もいよいよ大詰めに入ろうとしています。

プログラムは大きく分けて、「学び」「制作」
そして「お茶とお菓子」で楽しいお交わりです!(^^♪

「学び」に関しては

1月「年間計画」

2月「淑美先生のメッセージ」

6月「楽しい賛美」

7月「聖書の学び」ディボーションの持ち方

8月「ライフラインと本の紹介」

10月「証し会とエンディングノート」

11月「手話賛美」クリスマス準備


「制作」に関しては

3月イースターリース作り

d0038372_1250697.jpg

d0038372_1251075.jpg
d0038372_12513939.jpg


4月 ケーキ作り

d0038372_12293021.jpg
d0038372_12303824.jpg


5月 手芸 (根付け作り)

d0038372_1311019.jpg

d0038372_1313858.jpg


8月 アロマ入浴剤作り

d0038372_13131225.jpg

d0038372_13135484.jpg



講師をつとめてくださった各姉方に心から感謝致します、

[PR]
# by nakayamakyokai | 2016-11-23 13:24 | 各部会