人気ブログランキング |

「嵐を鎮める主:信仰の要請」

マルコ福音書4:35~41            
説教:河野 克也師

その日の夕方になって、イエスは、「向こう岸に渡ろう」と弟子たちに言われた。そこで、弟子たちは群衆を後に残し、イエスを舟に乗せたまま漕ぎ出した。ほかの舟も一緒であった。激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどであった。しかし、イエスは艫の方で枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして、「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と言った。イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」弟子たちは非常に恐れて、「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と互いに言った。

「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」
イエス様は弟子たちに信仰を求められた。
これは我々にも投げかけられた主のお言葉である。

私たちが信じている神は天地創造の神であり、
全てを支配しておられる神である。

●ご利益を与えてくれる程度の神様ではない。
●私たちの都合に合わせた神様でもない。
●秩序を与え、平和を与えてくださる神様である。

教会を舟に譬えるなら、イエス様というマストによって常に守られている。
教会も時に嵐に遭い迫害も受けてきた。

私達はそのような数々の歴史から学び、少なくとも内からの嵐は起こさないようにすべきである。
そのためにも、信仰を整えよう!

その嵐を鎮める事のできるお方を信頼し、付き従って行くべきである。


d0038372_23523611.jpg



<今週のみ言葉>
「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。
わたしはあなたの名を呼んだ。
あなたはわたしのもの。
あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、
川を渡るときも、あなたは押し流されない。
火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。」
(イザヤ書43:1~2)

d0038372_0194724.gif

聖餐式は外泊が許された河野 正之師によって執り行なわれました。
d0038372_02211100.jpg


※河野 正之師は4日から抗癌剤治療が始まります。良い結果が与えられるよう、お祈りください。
by nakayamakyokai | 2010-10-03 22:51 | 聖日