人気ブログランキング |

ルデヤ会、2月、3月、4月 活動報告

4月

ガレージセール(クリアランスセール)
売上は全て東北の震災義援金とさせて頂きました。
d0038372_2385717.jpg


3月
新聞紙半分で作るエコバッグ作り

素敵なバッグが出来ました。教えてくださった吉田姉ありがとう!\(^O^)/
(※画像をクリックすると大きくなります)
d0038372_23143150.jpg

女性会はいつもにこやかな笑顔で溢れています♪
d0038372_2314756.jpg


2月
淑美先生によるショートメッセージ (概要)
d0038372_23172060.jpg


ヨブ記 1章~2章

ヨブは富豪であったが、その繁栄の中で高慢にならず彼の信仰は腐敗することがなかった。
しかし、ずる賢いサタンは彼の繁栄を取り去れば不信仰に陥ると思い、ヨブの全財産と子供たちを奪うことを願った。神はヨブを神の僕として、敢えて試練を許された。ヨブは、神様からの守りや祝福があるから神を信じるのではない。つまり、損得ではない。「主は与え主は取られる」人生のすべてが神の御手にあるとして神をたたえた。

ヨブの妻は違った。ヨブの妻の信仰の土台はご利益にあった。しかし、サタンにとってヨブの妻の存在は好都合であった。


「愚かな金持ちの譬え」ルカ12:16~21
(有名なレンブラントの「愚かな金持ち」の絵画です。画像をクリックすると大きくなります)
d0038372_0355293.jpg


16 それから、イエスはたとえを話された。
「ある金持ちの畑が豊作だった。
17 金持ちは、『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、
18 やがて言った。 『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、
19 こう自分に言ってやるのだ。
「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』
20 しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。
21 自分のためにたくわえても、神の前に富まない者はこの通りです。

事業が祝されるのも、お金が儲かるのも決して悪いことではない。
しかし、それだけではない! 神様の前にどうあるかが問われているのです。

d0038372_0171559.gif

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。
古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。
(コリント Ⅱ 5章 17節)」

罪赦され、キリストによって変えられた新しい心はキリストのために生きる。
そして与えることが喜びになるのです。

神様との関係は決してご利益ではなく「愛」なのです。
by nakayamakyokai | 2011-04-25 10:04 | 各部会