『である』から『になる』へ

ヨハネ3:1~7
Ⅱコリント5:17
講師:村上宣道師
d0038372_14252436.jpg

「人間である」ということと、「人間になる」というのとでは大きな違いがあるのです。
人間が他の動物と違うのは、人間だけが神を愛し仰ぎ見ることができる。

人間というのは神から離れてしまったら、人間同士の関係も崩れてしまう。
つまり、縦の関係が壊れると横の関係も壊れてしまうのです。

人間をお創りになった神様だけがあなたをつくり変えることが出来るお方、
あなたを生まれ変わらせることができるお方!人生をやり直すことを可能にしてくださるお方なのです。
そしてそこから新しい人間関係が生まれてくるのです。

私たちの罪の身代わりとして十字架にかかりよみがえってくださったイエス様を信じることによって、
私たちは全て「人間である」から新しく生まれ変わって「人間になる」ことが出来るのです。

時々、こんな言葉を聞きます。「キリスト教はいいけど、自分はクリスチャンにはならない。どうも
クリスチャンというのは人間離れしているように思える」とか・・・実はその反対なのですね。
自分勝手で自己中心だった者がイエス様によって「神を愛し、隣人を愛する者」に変えて頂けるのですね。

d0038372_1511133.gif


午後の集会を終えて楽しいティータイム♪
この日、入院中の河野正之先生も外泊の許可が出て、午前、午後の集会に出席することが出来ました。
感謝します!

d0038372_154665.jpg

初めて集会に来られた方々もあって、とても恵み多い時となりました。
お忙しい村上先生、本当にありがとうございました。

d0038372_1551490.jpg

[PR]
by nakayamakyokai | 2012-10-22 15:08 | イベント