人気ブログランキング |

『「いてくれてありがとう」といえますか?』

昨日、横芝教会に於いて、千葉地区連合女性大会がありました。

講演のテーマがは「いてくれてありがとう」といえますか?でした。

『いてくれてありがとう』の本をお書きになったカズさんのお話は、
ユーモアのセンスに溢れて最初から最後まで笑いが絶えませんでした。

しかし、その中でちょっと早いサンタクロースのように、
きっちりと貴重なメッセージを贈り物として、
聞く者一人一人の心にそっと遺していって下さいました。
d0037157_9151733.jpg

先生は認知症患者だけではなく家族のカウンセリングにも当たっておられます。

この世の中は「勝ち組」「負け組み」に分けてみたり、
出来る、出来ないで判断するという成果主義(機能論的人間論)が蔓延っています。

親の期待通りの成果を上げない子供に対しても、
「あなたが大好きなのよ!いてくれてありがとう!」と言いましょう。

この親子の信頼関係がキッチリ出来上がっていれば、少々厳しい躾けも出来るというもの。

この「絆な」が何より大切なのです。

認知症は病気です。今迄当たり前に出来ていたことが出来なくなったからといって、
人間の価値がなくなったわけではありません。

私たちだって神様からご覧になれば、おバカさんで出来ないことだらけの弱い人間です。
それでも、丸ごと受け入れていただき愛してくださっていることを覚え、私たちもこの世に生かされている限り、勇気を持って家族に、友人に言いましょう「あなたがいてくれて、ありがとう」と。

この短い言葉は、それを言う者の心も聞く者の心も変えてくれるから不思議ですね♪
d0037157_1012586.jpg

                                   (ゼラニューム)
自然に微笑がこぼれ、微笑がかえってきます♪
ただ思っているだけじゃ駄目、勇気をもって言葉に出して言ってみましょう!

「いてくれてありがとう!Y

そして、カズさん、素敵なメッセージをありがとうございました。(^-^ )

先生が仰った「教会に与えられた役割はいっぱいあります!」が印象に残っています。
by nakayamakyokai | 2005-11-12 17:00 | 特別礼拝