人気ブログランキング |

クリスマス記念礼拝

礼拝に先立ち、大勢の信徒の見守る中、
喜びの洗礼式が執り行われました。 10:00
ご高齢の方は滴礼
d0038372_2239754.jpg

若者は浸礼
d0038372_22395585.jpg


クリスマス記念礼拝  10:30

「わたしたちはここに、パン五つと魚二匹しかもっていません」
イエスは言われた。「それをここに持ってきなさい」
     (マタイの福音書14章17~18)

d0038372_22585245.jpg

私たちはたくさんのお恵みを神様からいただいているにも拘らす、
自分は価値の無いものとか、たったこれだけしか無いと思ってしまったりする者です。

どんなにちっぽけな能力しかないものでも、イエス様はその僅かなものを価値あるものに変えてくださるのです。

私たち自らが主の御手に握リしめて頂いて心から満たされ潤うのです。
そして、周りの人たちに救いの手を差し伸べられる者として用いて頂けるのです。

クリスマス祝会  12:30

今年も腕に寄りをかけたご馳走が並びました!♪\(^▽^)/

d0038372_2343299.jpg


渡辺家ファミリーコンサート♪

d0038372_23452126.jpg


壮年会、劇、「靴屋のマルチン」

d0038372_2347056.jpg

貧しい靴屋のマルチンという老人が,毎日仕事に精を出しています。正直者で値段も安いのでいつも繁盛していました。しかし,彼の妻はこどもが幼いうちに亡くなり,こどもも若いうちに熱病で死んでしまいます。そんなつらい出来事のなかで,彼は生きる希望をなくし,やがて近所の人との関わりも嫌がり,惰性で続けている仕事だけが彼を支えていました。

 ある日,神父さんが一冊の聖書を持って現れます。聖書の革がいたんだのでなおしてほしいと神父は言って立ち去りました。マルチンは,つらい体験の中で神への不満を持っていましたが,神父が置いていった聖書をちらちらと読むようになりました。そして聖書の中の一節に目がとまりました。ある大富豪がイエス・キリストを招待したときに,ひどいもてなしをしたというのです。それを読んでマルチンは「なんてひどいことだ。私のところに来ていただければできる限りのもてなしをするのに」と思いました。しかし同時に「この大富豪と同じことを私はしていたのかも」とも思いました。

 そんなある夜のこと,夢の中にイエス・キリストが現れてこう言いました。「明日,おまえのところに行くから,窓から外をよく見ていなさい。」

 次の日,マルチンは仕事をしながら窓から外の様子を気にしていました。彼が待ち望んでいるイエス・キリストはいっこうに現れません。そのかわり,窓から道路の雪かきをしている老人が寒そうに立ちすくんでいるのが見えました。マルチンはその老人を家に招いて暖かいお茶を振る舞いました。次に,赤ちゃんをかかえた貧しい母親が通りました。マルチンはその母子を家に招いてお母さんにショールをあげました。次に通りすがりにおばあさんのかごからリンゴを奪おうとした少年が見えました。マルチンは急いで外に出ていって,少年と一緒におばあさんに謝りました。

 いろんな人が通り過ぎましたが,ついにイエス・キリストは現れませんでした。「やっぱりただの夢だったか」とがっかりしていたところに,イエス・キリストが現れました。イエス・キリストは,「今日,おまえのところに行ったのがわかったか」と言って,雪かきの老人や,貧しい母子,通りすがりのおばあちゃんと少年に次々にかわりました。
(トルストイ原作「靴屋のマルチン」)


若者たちの歌

d0038372_2351011.jpg

気功同好会のデモンストレーション!
女性会はトーンチャイムに挑戦!
来年はもう少し上手になっているかな?

ゲームもいろいろやって本当に楽しい祝会でした。


キャンドル・ライト・サービス  18:00

d0038372_004583.jpg


天候にも恵まれ、心豊かな一日でした♪ メリー クリスマス!
2006年も残り僅かとなりました。
悪い風邪が流行っています。
健康に十分気をつけて良き新年を迎えましょう!(*゚▽゚*)

各画像クリックすると大きくなります。

各ご奉仕にあたって下さった皆様の上に主の豊かなお恵みがありますように!
by nakayamakyokai | 2006-12-25 00:07 | イベント