人気ブログランキング |

12月の伝道礼拝

十二月第二主日   伝道礼拝

証詞に立たれたのは、93歳になられる関兄でした。

『愚かなものよ、あなたの魂は今夜のうちにも取り去られるであろう。
そしたら、あなたが用意したものは、誰のものになるのか』

このみ言葉に導かれ授洗の決心をなされ、昭和24年8月23日、
戦後日本ホーリネス教団に尽力をつくされた車田 秋次師よりバプテスマを授かる。

現在はキリスト教系のケアハウスにご夫婦でお住まいになり、
毎朝の礼拝に出席しておられます。
教会には電車を乗り継ぎ1時間半かけて、
ここ最近、毎週とはいかなくなりましたが、通ってこられています。
毛筆で「年間聖句」や「説教題」を書くご奉仕を長年に渡って続けてくださっています。
d0038372_21224393.jpg

d0038372_22492255.jpg

午後は各会に於いて、クリスマス祝会に向けて女性会はトーンチャイム、
壮年会は劇の練習が行われました。
d0038372_2254819.jpg

d0038372_2255201.jpg

※画像をクリックすると大きくなります!

恵みのしずく


d0038372_2383295.jpg
詩篇57編には、苦しみのただ中からダビデの祈りが記されている。
そのような苦境の中にある彼にとって、頼ることの出来る方は、神以外にいなかった。神だけは、弱り疲れ果てた彼をそのまま丸ごと暖かく受け入れ、かくまって下さるお方であった。苦難のただ中であなたは、逃げ込むことの出来る安全な場所を持っていますか。

※次週16日午後 クリスマスの準備とチラシ配りがあります。
by nakayamakyokai | 2007-12-12 22:59 | 伝道礼拝