人気ブログランキング |

十月第三主日 教会の使命

「教会の使命・・・証し」
ヨハネ黙示録10:7~11、 11:15~19
河野 克也師
d0038372_23364789.jpg


「さあ行って、海と地との上に立っている御使の手に開かれている巻物を受け取りなさい」。
そこで私はその天使の所に行って、その小巻物を私にくれるようにと言った。
すると天使は私に、「受け取って、それを食べてしまいなさい。それはお前の腹には苦いが、
お前の口には蜜のように甘い」と言った。 (ヨハネ黙示録10:8~9)
参考箇所 エレミヤ15:16
       エゼキエル3:3
「食べる」という行為は、昔英語の辞書などをしっかりと身につけるのに食べて覚えたと言う話を聞いたことがあるが、ここでも食べるという行為が巻物の内容をしっかり知るべき使命を受けたことを象徴する行為である。
我々クリスチャンにとって救いの到来はある意味甘味を持っているが、それを告げるべき使命を果たさなければならぬ時、迫害による苦味、苦しみを伴うこともあろう。

しかし、忘れてはいけない。
この世の国は、
われらの主とそのキリストとの国となった。
主は世々限りなく支配なさるであろう
」 (ヨハネ黙示録11:15)

d0038372_2348077.gif

≪教会員手帳の学び≫p101~p104
家庭と教会
家庭集会をすることはそれだけの準備を要し、犠牲を求められることだが、
 主のために喜んでこれをすることはやがて祝福となって戻ってくる。
 だから、すぐに結果が見えなくても、忍耐をもってやり抜くことが大切です。(教会員手帳より)

 いつも素晴らしい御言葉を携えて来てくださる淑美先生に感謝します。
 毎月の家庭集会を楽しみに場所を提供してくださっている賀江姉にも感謝!
 これからも家庭集会の上に豊かな主のお恵みがありますように・・・

 来る21日(火)2時から賀江姉宅にて家庭集会があります。
d0038372_082945.gif


午後の各会では、クリスマスの準備が始まりました!
河野正之先生と共にクリスマスのお祝いができますように!
d0038372_0114653.jpg

d0038372_0145054.jpg

恵みのしずく

『主は私の牧舎であって、わたしには乏しいことがない。』 詩篇23編

パレスチナの羊にとって、その地は牧草が乏しく、水も少なく、危険に満ちた地である。
しかし、素晴らしい羊飼いである神様が最善を尽くして牧草と水を確保し、
あらゆる危険から守ってくださるので、乏しいことがないと詩人は歌う。

それは牧草が豊かで水もあり、危険がない豊かさではなく、
神が共にいて、その命をかけて保護してくださる故の豊かさである。

(河野正之師 病室にて)


河野正之師は、四回目の抗がん剤投与後の血球減少機で抵抗力が低下し、クリーンルームで治療中です。守られますようお祈りください。

by nakayamakyokai | 2008-10-20 09:56