人気ブログランキング |

12月第四主日 「救い主を見る」

本年度最後の礼拝となりました。

ルカによる福音書2:21~40

シメオンアンナも幼いイエス・キリストを聖霊によって「この人こそ救い主」と信じ、
救いを待ち望んでいる全ての人たちに語りきかせた。

私たちクリスチャンも「この人こそ救い主だ」と述べ伝える人にならなければならない。

イエス様と向き合うことによって自分の姿がわかる。
時に、それは直視したくない自分の姿かもしれない。
だからこそ、十字架の前に出て、自分自身を整えて頂かなくてはならない。
(河野 克也師によるメッセージから)

d0038372_20264277.gif

礼拝後、皆で教会の大掃除をしました。
皆でやると速いですね!
これで気持ちよく新年を迎えられます。
d0038372_20345673.jpg


元旦礼拝 午前11時より 河野 正之師よりメッセージが語られます

d0038372_20431297.jpg

〈恵みのしずく〉

詩篇24編3節
「主の山に登るべき者は誰か~」との問いが記されている。
今日的に言うならば、どんな時にも「主よ、アバ父よ」と祈ることができ、
しかもその祈りに神が愛をもって、豊かに答えて下さると、信じることのできる人であろう。

私たちも信仰において成長し、そのような者になりたいと切に願う。

4節には、
詩人の回答として、「手が清く、心のいさぎよきもの~」とある。
それは道徳的に完璧な人というよりは、いつも神のみ前で真実に、
最善を尽くして生きる人といえるであろう。

行いにおいて完全な人などありえないからである。

私たちに与えられた人生を、神に祈りつつ真実に生きる者でありたい。

(河野 正之師による)
by nakayamakyokai | 2008-12-28 20:55 | 聖日