人気ブログランキング |

受難記念聖餐式

イエス様が弟子達と最後の晩餐をとられた時、きっとこのように食卓を囲まれたに違いない。
その思いで多くの兄姉と共に「受難記念聖餐式」の恵みにあずかりました。
d0038372_21543672.jpg


マタイ26章26~30

過越の祭り」は生贄となった羊の血を戸口に塗ると、天の裁きを受けないという主との契約の血が中心となる。
しかし、イエス様の十字架上で流された血がそれにとってかわることになる。
イエス様が十字架上で流された血は永遠に続く血である。これが新しい契約である。

〈過越の祭りの起源〉
d0038372_22355367.gif

モーセは、イスラエルの長老をすべて呼び寄せ、彼らに命じた。「さあ、家族ごとに羊を取り、過越の犠牲を屠りなさい。そして、一束のヒソプを取り、鉢の中の血に浸し、鴨居と入り口の二本の柱に鉢の中の血を塗りなさい。翌朝までだれも家の入り口から出てはならない。主がエジプト人を撃つために巡るとき、鴨居と二本の柱に塗られた血を御覧になって、その入り口を過ぎ越される。滅ぼす者が家に入って、あなたたちを撃つことがないためである。あなたたちはこのことを、あなたと子孫のための定めとして、永遠に守らねばならない。また、主が約束されたとおりあなたたちに与えられる土地に入ったとき、この儀式を守らねばならない。また、あなたたちの子供が、『この儀式にはどういう意味があるのですか』と尋ねるときは、こう答えなさい。『これが主の過越の犠牲である。主がエジプト人を撃たれたとき、エジプトにいたイスラエルの人々の家を過ぎ越し、我々の家を救われたのである』と。」民はひれ伏して礼拝した。


出エジプト記、12:21~27



何故イエス様はパンを裂いて、これが私の体であると言われたのか
私たちは死ぬまで食べなくてはならない。
しかし、その命が相応しくあるために、私たちは霊的なパンが必要なのである。
その霊的なパンとは聖書の御言である。日々その御言に触れていなければ、
それもよく味わって読まなければ栄養にはならない。

クリスチャンとして素晴らしい人生を送るために、また与えられた命が豊かになるために、
聖書を読まなくてはならない!

イエス様は非常に用意周到に準備し、十字架の出来事を通して私たちを苦労から解放してくださった

河野牧師が病に倒れ入院なさった時、主は克也先生を用意してくださっていました。
主は私たち生涯のことに対しても準備し備えてくださっています。
主が最善にして下さることを信じ、委ねていくことが大切なのではないでしょうか。
by nakayamakyokai | 2009-04-10 23:04