人気ブログランキング |

6月19日のチャペルコンサートにゴスペルシンガー、JAYE・公山氏が来てくださいます。みんなで楽しく盛り上がりましょう!  新しい方大歓迎!  入場は無料です♪


JAYE・公山氏の公式HPはここから

会場:中山キリスト教会
時間:午後2時より

沢山の方で会堂がいっぱいにされますよう祈りましょう!
d0038372_10525596.gif

d0038372_1054762.gif

by nakayamakyokai | 2005-05-30 10:58 | 祈りの課題

礼拝後、車で20分位のところにある市川動植物園に隣接するプラネタリウムに行きました。
d0038372_10111514.jpg

新緑に包まれて楽しいピクニックランチをしました。
d0038372_1012308.jpg

お天気にも恵まれ、お弁当タイムは本当に楽しいひと時でした。

その後皆で賛美をし、プラネタリウム、アスレチックフィールド、動物園、植物園とに分かれて再び2時半に集合!

丁度、植物園のバラが満開だったので、そちらも楽しんで帰りました。
d0038372_10183075.jpg

楽しい時を分かち合えましたこと、感謝します!\(^o^)/
d0038372_10192131.jpg

ここをクリックすると動くアルバムが見られます。
by nakayamakyokai | 2005-05-30 10:22 | 親睦

d0038372_9252030.jpg

      メッセージはOMCI宣教師・聖書学院女子寮舎監 リリアン・篠田氏

マルコによる福音書1:14~20

「時」という言葉はとても重要でギリシャ語で「カイロス」と言います。
マルコ伝の中にはこのカイロスが42回も出てきます。

ある先生は、"Time is grace", 「時は恵みなり」とおっしゃいました。

クリスチャンになり、救われた人達には皆、その「時」がありました。
その時を逃さなかったのです!

その「時」こそイエス・キリストと個人的なお交わりが出来る「希望の時」なのです。

私達はその「福音の時」にどう応えればいいのでしょうか・・・

悔い改めて、イエス・キリストに従って生きることです。
ガリラヤの海辺で従っていったシモンとシモンの兄弟アンデレのように。

明日ではなく今日、Now!!

心が柔らかくなってイエス様を受け入れる者で毎日ありたいものです。
by nakayamakyokai | 2005-05-30 10:07 | 聖日


d0038372_7523912.jpg
エレミヤ50:4~7,17~20

神と共に生涯離れず生きていことは、それ程たやすいことではありません
『私の民は迷える羊の群である』(エレミヤ:50:6)

人間というのは苦難の中にあると、神様に顔を向けるが、順風満帆にいっている時は神など要らないという心境になりやすい者です。

「放蕩息子の譬え」(ルカによる福音書1511~31)から、放蕩息子の2つの嘆き

1.こんな素晴らしい神を裏切ってしまった嘆き
2.自分の愚かさのために希望の無い哀れな姿の自分を見ての嘆き

神の許である牧場に帰ってきてこそ得られる安心、希望、未来そして、イエスキリストの十字架の贖いにより咎と罪が赦されるのです。

信仰生活を第一にする人生を歩み続けたいものですね!

報告

来週は礼拝後、車に分乗して市川大町にあるプラネタリウムに出かけ親睦会をします。
お弁当持参で来てください。お弁当が用意できない方も大丈夫遠慮なく参加してください♪
雨天の場合は教育館「緑の牧場」にて親睦会を行います。

                       
by nakayamakyokai | 2005-05-26 07:58 | 聖日

5月の家庭集会

d0038372_13493456.gif

Count your blessings name one by one;
Count your blessings see what God hath done;
          ( Johnson Oatman,Jr)

「数えてみよ主の恵みを、一つずつ挙げてごらん、
神様がして下さった恵みをよく見てごらん!」

毎月第3火曜日の午後2時から母の家で「家庭集会」を開いています。

何をするかというと、牧師夫人に来て頂き共に聖書を学び、賛美歌を歌い、お祈りをするのです。

教会はとても敷居が高くて入るのに勇気がいると仰る方も、家庭集会ならリラックスした雰囲気で緊張なく参加出来ます。

先日の集会に初めていらした方のことですが、子供さんにも恵まれ何不自由の無い生活を送ってこられたのですが、夫の妻に対する裏切り行為が今もどうしても許せず、苦しみ、悩みとうとう精神科に通うまでになられた40歳前の奥様のお話しです。

彼女には子供さんを通してのクリスチャンのお友達Kさんがいて、彼女の紹介で母の所に来られ私ともお知り合いになれたわけです。

彼女は高校生の頃にお母様を亡されました。ご主人と出会い、全面的に信頼し、今日まで頼り切ってこられたのでしょうね。
だから、ご主人の裏切り行為は許せないと同時に、彼女を不安と混乱と悲しみの世界に投げ込んでしまったようです。

しかし、人間の目には不幸に見える数々のことが、神様の目には実はそうではなく、本当の幸福を知るきっかけになるかもしれないと言う事にどれだけの方が気付いておられるでしょうか・・・

人間は自己中心でおバカさんですから、何もかも思い通り、順風満帆にいっていると、他人の痛みもわからない、自分と自分の家族だけが幸せならそれで十分じゃない!それより、あれも欲しい、これも欲しいの「不満病」にかかってしまう者のようです。

神様は人間にそんな愚かな生き方を望んではおられないのです。

今は涙に暮れている彼女もきっと、ご自身の罪を神様に赦して頂けたように、夫の罪をも心底赦せる日が来るでしょう。

そうなれるよう、神様は彼女にKさんという素敵なお友達を与え、私も含め更に多くの人を通して父なる神様の愛を伝えようとなさっているのです。

家庭集会の終わりに、皆で感謝を持って明るく歌った賛美歌は、

新聖歌172番:「望みもきえゆくまでに」でした。♪♪

望みも消え行くまでに 世の嵐に悩む時
数えてみよ主の恵み  汝(な)が心は安きを得ん

数えよ主の恵み    数えよ主の恵み
数えよ一つずつ    かぞえてみよ主の恵み

                              (記:HP管理人 都築 )

恵みの家庭集会に一人でも多くの方が集められますように・・・
by nakayamakyokai | 2005-05-21 13:57 | 家庭集会

聖歌隊

礼拝後、いつもの練習風景
今日は風邪で休んでいる人も多かった。
今日の練習曲  新聖歌:376、新聖歌:146
d0038372_20541952.jpg

by nakayamakyokai | 2005-05-08 20:56 | 聖日

ルデヤ会

午後の各会の様子
今日のルデヤ会は【「シュネムの女」独創的な思考をする女性】というテキストを通して学びの時を持ちました。活発な意見や感想が述べられました。
d0038372_20413714.jpg

自分の持っている賜物でどのように神にお仕えすればよいかを尋ね求める人は、
いわばアイディアを直接天から得るのです。

神様はいろいろな人を必要としておられる!
by nakayamakyokai | 2005-05-08 20:50 | 聖日

伝道礼拝

今日は第二週なので、伝道礼拝です。

藤原修養生による証詞の要約:

子供の頃お隣に住んでいたクリスチャンに誘われて教会に通っていた。
その頃、イエス様が自分の罪の身代わりとして死んでくださった意味が解らなかった。

しかし、頑固者の私の若く柔らかい魂に神様は働いていてくださっていたと後に知る。

病弱の母に反抗し続けていたが、その母が倒れて、初めて自己中心で、、他人からどう見られているかばかり気にしている実は弱虫の自分に気付かされ、罪を悔い改める。

その後困難の道も通らされたが、
下記のみ言葉通り、常に救いの御手を差し伸べて下さいました。

『あなたがたの会った試練で、世の常でないものはない。
      神は真実である。
あなた方を耐えられないような試練に合わせることはないばかりか、
      試練と同時に、それに耐えられるように、
逃れる道も備えてくださるのである。』 (第一コリント10:13)

聖歌隊賛美:新聖歌 172 (望みも消え行くまでに・・・)

今日の教会の花: (ビオラ)
d0038372_20201968.jpg

by nakayamakyokai | 2005-05-08 20:27 | 聖日

祈祷会

5月5日は連休最中ではありましたが、恵み豊かな時を持つことが出来ました。

聖書通読箇所エレミヤ書31:1~22から、河野牧師を通して多くを学ばせて頂きました。

特に心に響く聖句・・・

『私は限りなき愛をもって、あなたを愛している』 (エレミヤ書31:3)

神様は全ての人が救われることを願っておられる・・・

(今日の教会の花:ジャスミン)
d0038372_19462142.jpg

by nakayamakyokai | 2005-05-08 19:49 | 祈祷会

5月第1週目の聖日

今日から5月です。教会の玄関先のお花が来る人達を優しく迎えてくれます。
河野牧師のメッセージはエレミヤ書44:1~6から「人を堕落させる罪の力」と題して、とても解りやすく語ってくださいました。

「神の友」と呼ばれたアブラハムですが、最初から「神の友」と呼ばれるに相応しい人物であったわけではなく、紆余曲折はあったけれど、最後まで諦めることなく神を信じ求めていきました。

誘惑の多い中に生きる私たちではありますが、神を求め、信じ、従うことによって、内なる人格が整えられ、神の御心が分る者となり、深い信頼で結びついた「神の友」としていただこうではありませんか。

それは自分の力で頑張って出来るものではなく、神様からの恵みによって新しく変えて頂き、我が人生をも素晴らしく変えて頂ける!という内容のものでした。
d0038372_1426980.jpg

第一週目の午後は「気功」です。教会の前にもこの看板が出ていますから、初めての方も是非ご参加下さい!
d0038372_14291390.jpg

みんな、とても楽しくやっています。
d0038372_14305510.jpg

詳しくはここを参照
d0038372_1436425.jpg

教会学校の教師会の様子。
今月は教会の行事がいろいろあります。29日の親睦ピクニックが楽しみですね♪(^^)
d0038372_1437211.jpg

by nakayamakyokai | 2005-05-01 14:42 | 聖日