人気ブログランキング |

CD コンサート

著名な音楽評論家、青木 啓氏をお招きしての待ちに待った「CDコンサート」!♪

日曜日の午後、遠くから来てくださった新しい方々も交えて、
今回はミュージカルの世界に連れて行っていただきました。

※写真をクリックすると大きくなります。
d0038372_9125835.jpg

青木先生のお話を聞いているとワクワクして、早くその音楽を聞きたくなるから不思議です。

休憩を挟んで15曲、お茶とお菓子を頂きながら、
たっぷり日曜の午後のひと時を豊かな気分で過ごさせていただきました。

一人で音楽を聴くのもいいけれど、こうして共に聴くと更に楽しいですね♪

青木先生ありがとうございました。
心から感謝しています。
それにしても、昔のレコードジャケットって味がありますね~♪
by nakayamakyokai | 2005-11-21 09:20 | CDコンサート

毎月第3火曜日の午後

「家庭集会」は毎月第3火曜日の2時から武尾 賀江姉のお宅で開かれています。

毎回牧師夫人である淑美先生が素晴らしいメッセージを携えて来てくださいます。

まだ、一度も「家庭集会」に行ったことが無いと仰る方も、どうぞ気軽にいらしてください!♪

アットホームな雰囲気の漂う賀江姉のお宅で、暫し、雑事から離れて心豊かな時を共に過ごしましょう♪(*^-^*)
d0038372_81427.jpg


賀江姉はこの「家庭集会」を何よりの生き甲斐と感じ、一人でも多くの方の参加を祈りつつ心待ちにしておられます。

場所は教会に連絡してみてください。どなたでも大歓迎です!\(^o^)/

連絡先:047(335)4644 中山キリスト教会
by nakayamakyokai | 2005-11-16 08:16 | 家庭集会

昨日、横芝教会に於いて、千葉地区連合女性大会がありました。

講演のテーマがは「いてくれてありがとう」といえますか?でした。

『いてくれてありがとう』の本をお書きになったカズさんのお話は、
ユーモアのセンスに溢れて最初から最後まで笑いが絶えませんでした。

しかし、その中でちょっと早いサンタクロースのように、
きっちりと貴重なメッセージを贈り物として、
聞く者一人一人の心にそっと遺していって下さいました。
d0037157_9151733.jpg

先生は認知症患者だけではなく家族のカウンセリングにも当たっておられます。

この世の中は「勝ち組」「負け組み」に分けてみたり、
出来る、出来ないで判断するという成果主義(機能論的人間論)が蔓延っています。

親の期待通りの成果を上げない子供に対しても、
「あなたが大好きなのよ!いてくれてありがとう!」と言いましょう。

この親子の信頼関係がキッチリ出来上がっていれば、少々厳しい躾けも出来るというもの。

この「絆な」が何より大切なのです。

認知症は病気です。今迄当たり前に出来ていたことが出来なくなったからといって、
人間の価値がなくなったわけではありません。

私たちだって神様からご覧になれば、おバカさんで出来ないことだらけの弱い人間です。
それでも、丸ごと受け入れていただき愛してくださっていることを覚え、私たちもこの世に生かされている限り、勇気を持って家族に、友人に言いましょう「あなたがいてくれて、ありがとう」と。

この短い言葉は、それを言う者の心も聞く者の心も変えてくれるから不思議ですね♪
d0037157_1012586.jpg

                                   (ゼラニューム)
自然に微笑がこぼれ、微笑がかえってきます♪
ただ思っているだけじゃ駄目、勇気をもって言葉に出して言ってみましょう!

「いてくれてありがとう!Y

そして、カズさん、素敵なメッセージをありがとうございました。(^-^ )

先生が仰った「教会に与えられた役割はいっぱいあります!」が印象に残っています。
by nakayamakyokai | 2005-11-12 17:00 | 特別礼拝

CDコンサート


☆☆☆お知らせ☆☆☆

『CDコンサート』のお知らせ! 11月20日午後1時半~3時まで、青木啓氏をお招きして今回は、ミュージカル映画の音楽をいろいろ聞かせてくださいます。どなたでも気軽にいらしてください♪\(^o^)/ご一緒に楽しみましょう!♪


d0038372_10315854.jpg

by nakayamakyokai | 2005-11-09 10:34 | イベント

野田教会牧師の戸辺勝則師が礼拝説教のご用にあたってくださいました。

マタイ福音書6:9~13 
【主の祈り】の中から11節の『わたしたちの日ごとの食物を、今日もお与えください。』
今朝は、この御言葉にスポットを当ててお話し下さいました。

まず、先生は【主の祈り】をゆっくり言葉の意味を噛み締めて祈りなさい、
さもないと、ただ意味無く唱えるだけに終わってしまうと警告されました。
d0038372_825096.jpg

わたしのではなくわたしたちの日ごとの食物を、今日もお与え下さいと祈るのです。それが、神様から与えられたルールなのです。

生きるに最小限のもの以上に求めてしまう人間の欲深さ!

食べ物に限らず、余分なものを家にためこんではいないか!

その余分なものはそれを必要としている人達のものです!

余分に溜め込んだものはやがて腐って悪臭を放つ!

蓄えがあると神に真剣に祈らなくてもすむようになる。
d0038372_8423623.gif


ビリー・グラハムは言いました。

「神様は私たちに二つの手を与えて下さいました。
一方は受けるために、もう一方は与えるために」と。
d0038372_8423020.gif


戸辺先生はこんなお話もして下さいました。

サンダーシングという牧師がチベットに伝道に行った時、
吹雪の中で2人の男に出遭いました。
一人は凍傷にかかりかけていて、非常に弱っていました。

もう一人の男はその弱った男を置いてサッサと山を降りて行ってしまいました。

その牧師は弱っている男を背中に負ぶって下山し始めました、
降りていく内に体がポカポカ温かくなって、凍傷になりかかっていた男も元気になりました。

ところが、話はそこで終わらず、もうすぐ山を降りきる寸前の所で、
一人でサッサと降りて行った男が倒れて死んでいるのを発見しました。

神を愛し、自分を愛するように隣人を愛しなさい!
by nakayamakyokai | 2005-11-07 08:45 | 聖日