人気ブログランキング |

2月第3主日

礼拝  「ゆるし、ゆるされて生きる」

聖書:マタイ福音書6:11~15
d0038372_22401071.jpg


『わたしたちの日ごとの食物を今日も与えてください』 11節

太陽が照り、雨が降らなければ作物も得られない・・・
神様の恵み無くして食物は得られないのです。

また、心を養うために日ごとの糧を与えてやらなければ心は飢え乾きます。

聖書のみ言葉と祈りは心を養う大切な心の食物です。
d0038372_22245066.gif

ゆるしあうことの出来ない生活に本当の平和や幸せはない!

私たちはイエス様によって赦されたのですから、私たちも赦すべきなのです。

d0038372_22253493.gif

『私たちを試みに会わせないで、悪しき者からお救いください。』  13節

絶えず祈り主と共に生活することによってのみ悪の誘惑から逃れられるのです。
d0038372_22344268.jpg


【午後の活動】
※教育講座
今日は峯先生による賛美練習です。
馴染みの少ない聖歌を何曲も楽しく教えていただきました。
また、次回が楽しみです♪
d0038372_22444420.jpg


※「英語で遊ぼう」 
d0038372_22512061.jpg

by nakayamakyokai | 2006-02-19 22:53 | 教育講座

今日の聖日は伝道礼拝です。
ギデオン協会の鈴木留蔵兄が証しをしてくださいました。

※各画像をクリックすると大きくなります。
d0038372_19574862.jpg

95歳という年齢を全く感じさせない背筋がピンとした姿勢とシッカリとしたお声で、
宮城にお住まいだった頃、ご自宅の家庭集会で救われた時のお話から、
船橋市に導かれ現在の教会建設に至るまでのお話を通して、
豊かなる主の恵みを確信を持って語ってくださいました。
d0038372_20311738.jpg


河野牧師は今日、午前は浜松教会の礼拝で、午後は遠州聖会のご奉仕です。
礼拝説教は岬教会牧師、桑原裕弥先生がお忙しい中おいで下さいました。
心から感謝いたします。
d0038372_2041081.jpg

ピリピ書2:13

あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起こさせ、
かつ実現に至らせるのは神であって、
それは神のよしとされるところだからである
。』

神様は全知全能の神ですから何でもお出来になる方です。
しかし、お一人ではみ心を行われない方。

私たちの内に働いてくださって、
み心を共に実現に至らせてくださるお方です。

だから、これをしたいあれをしたいと私たちは願いますが、
それが自己中心的なものではなく、神のみ心に叶うものであるならば、
神様は必ず実現させてくださいます。だから決して諦めないでください。

高校時代学校嫌いだった先生ご自身が、神様に救われ聖書学院に導かれ、
現在24歳の若さで母教会である、岬教会の牧師として働いておられます。

これまで、自分のようなものが本当に牧師になれるのだろうかと迷い悩まれたこともあったそうです。その度に、冒頭のピリピ書2章13節に励まされ導かれてこられたとのこと・・・

先生は現在、教団宣教局青年専任主事をも努めておられます。
d0038372_23323645.jpg


先生のフランクなお人柄からでしょうか、礼拝後、共に昼食をとりながら、
多くの方々とお交わりの機会が与えられとても感謝です。

午後は各会が行われました。
ルデヤ会は2月恒例の淑美先生からメッセージをお願いしました。
d0038372_2145933.jpg


ピリピ書1:12~17

私たちの人生の中で「何故?こんなことに・・・何故?」と思うことがあります。
時には神様を恨んでしまうこともあるかもしれません。

パウロは3年間入獄させられるという、人間の目で見れば不幸な出来事でも、それがあったからこそ、現在私たちも読めるたくさんの書簡が遺されたり、貴重な人脈が築かれたりもしたのです。

私たちも地上における今現在の苦難、或いは恵みで終止符を打つことなく、常に永遠を念頭に置くべきです。

神こそ信頼できるお方ですから、たとえ苦難の中にあっても「神の愛」を信じ通すことの出来る者でありたいですね!
d0038372_21465842.jpg

d0038372_21461319.jpg

花:(上:ソシンロウバイ、下:ロウバイ )                 (記:都築)
by nakayamakyokai | 2006-02-12 21:51 | 伝道礼拝

一羽のスズメ

空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず
倉に納めることもしません。
けれどもあなたがたの天の父がこれを養っていて
くださるのです。あなたがたは、鳥よりももっと
すぐれたものではありませんか。
マタイによる福音書 6章26節

家庭集会の場所を提供してくださっている武尾 賀江姉は84歳になられましたが、
今も好きな絵を楽しんで描いておられます。

特に最近は鳥の絵をたくさん描いておられます。
これは「一羽のすずめ」です。
d0038372_051836.jpg

賀江姉のお好きな新聖歌285番です。

こころくじけて

こころくじけて 思い悩み
などてさみしく 空をあおぐ
主イエスこそわが まことの友
一羽のすずめに 目をそそぎたもう
主はわれさえも ささえたもうなり

声たからかに われはうたわん
一羽のすずめさえ 主はまもりたもう

こころしずめて みこえきけば
おそれは去りて ゆだぬるをえん
ただ知らまほし ゆくての道
一羽のすずめに 目をそそぎたもう
主はわれさえも ささえたもうなり

声たからかに われはうたわん
一羽のすずめさえ 主はまもりたもう
花は今盛んに咲いているギョリュウバイです。

メロディはこのサイトから上から6番目の「こころくじけて」です。
by nakayamakyokai | 2006-02-07 00:55